FC2ブログ

イヌと呼ばないでっ!

軟弱者のわんこスティックが贈るエロゲ&漫画を主とした雑談場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リアル妹がいる大泉くんのばあい、感想

本当に残念なゲームです…(おるごぅるさん引退という意味でも

リアル妹がいる大泉くんのばあいリアル妹がいる大泉くんのばあい
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る


今回取り上げるゲームは引退の決まったライター『おるごぅる』さんが手がけた「リアル妹がいる大泉くんのばあい」

因みにこの作品を楽しみたいならば開発手記を是非読んでおきましょう。どういう目で大泉涼くんを見るとより残念に見えるか…、楽しみ方のガイドブックのような残念手記です。


簡単にあらすじを紹介しますと、エロゲーが大好きなお兄ちゃん「大泉涼」とその兄を蔑む妹「大泉栞」の兄妹愛を描いた作品。大泉兄妹はすれ違いも多く、あまり話もしない…というよくある少しさめた兄妹関係。
そこに突然ゲームの妹キャラ「麻衣」が現実に飛び出してきて、大泉涼くんの妹「大泉麻衣」になるところから涼と栞の関係が変わり始める…というのが大筋のお話。


ただ兄と妹は冷めた感じに最初描かれていますが、涼は「妹を守るのはお兄ちゃんの役目」と妹に対し過保護気味で、栞は「そんなにかまわないでよ、変態兄貴」とツンツンしていて距離を置いている状態。
つまり過保護の兄に突き放す妹…でも、栞は自分のことを愛しているお兄ちゃんがホントは大好きなんですよね。ただ色々あって素直になれないだけで。その兄妹の微妙な心理、その間を漂う空気、もどかしさの描き方がホントに絶妙で素晴らしかった…

弟妹って、兄はどれほど情けなくなってもいつまでも超えられない存在であるし、そうあって欲しいと望むものだと思うのですよ。何かあれば兄に頼ろうとする潜在的な思いはあるのですが、常に自分を上に見せたいって見栄を張る気持ちもなくならない。その二つの思いで揺れ動く微妙な心。

兄姉は弟妹はいつまでも自分が守らなきゃ、常に自分が上に立っていなきゃという思いと弟妹を一人前に認めようとする気持ちとやはりそんな複雑な思いが交錯している。

その兄妹の絶妙な心理と人間関係が凄く上手く表現してあって、思わず感情移入しきりでした。
涼はお兄ちゃんであり続けようとしますし、栞は栞で心でお兄ちゃんを心理的支えにしている。
兄妹関係の描き方のお手本を見せられたようでした。そんな大泉兄妹がどのように関係を変えていくかを楽しく見守るような作品。


ゲームの中から麻衣が出てきて妹になった後も、キチンと現実のお兄ちゃんと妹の関係を教えバーチャルの兄妹関係に走らなかったのは凄くよかった。麻衣は「好き好き大好き!お兄ちゃんは私のもの!」…のようなよくある妹であるのに対し、涼は「フツーの兄妹はそんなことしないんだよ」と冷静に家族として扱っているんですよね。
…ときたま、妹とお風呂入って「ぞうさーん!」なんて残念なこともやらかしますが。


でも展開が進んでも、麻衣はやっぱり妹になりきれないんですよね。
結局涼は麻衣のことを妹と見切れず「麻衣ちゃん」と呼ぶのが続きますし、栞との間に漂う見えない兄妹感の絆がどうしても見えてこない。

これがこの作品の一番いいところで、納得の出来ない展開へと無理やり繋げないのです。どんなに可愛い妹でも2週間、1ヶ月の絆と10数年の絆、そして血縁、妹としての歴史が違いすぎます…その差はどんなに頑張っても妹としては埋まりようの無いですよね。

涼は「麻衣のことは妹とは思えない、僕にとって妹は栞一人だ」と割かしハッキリと伝えてきますし、結局栞と男女関係に発展するのですが、それにもしっかりと納得できる理由を付けているんですよね。少なくとも自分は納得しました。

ゲームから麻衣が出てきたり神様が出てきたり、御都合主義的要素は絡めてあるのですが、展開や心理描写はヴァーチャルに逃げない、一貫して現実を突きつけるストーリー。というよりヴァーチャルの中で現実を生きているお話。リアリズムに満ち溢れた作品なんですね。

栞と男女の関係になった時にも、親友の彰からは「俺は二次元だから妹と男女関係は許されると思ってる、現実ではお兄ちゃんとして許されない」としっかりとその背徳性を伝えてきますし、涼も「俺たちの関係は誰にも祝福されない関係なんだ、それでもいいのか」と栞に確認します。

「自分は実妹との関係はゲームでも許されない」と思っている人間なのですが、この大泉兄妹に関しては認めてもいいかなと思いましたね。現実をしっかり認識した上で男女関係に発展したなら文句は言えません。


コミカルなキャラが多い割に、現実の厳しさや苦悩と真正面から向き合ったお話になってます。なので全体的に重い感じは否めないかな。
なので、何もかもうまくいってハッピーエンド!ではなく、「いろいろな障害はある、苦しいこともある、どうしようもならないこともある…でも俺たちは幸せです」のようなハッピーエンドになるのです。


そして、伏線やその後の展開を全て回収しきらずにゲームは終わりを迎えます。
ときたま重要な場面をもカットして後のモノローグで見せるなど、至るところでプレイヤーの想像力で話を補わせる場面があります。ある意味では丁寧さがないのかもしれませんが…これはおるごぅるさんのシナリオの見せ方なんだろうなぁ。
材料は全て用意して段取りも全てつけたところで、プレイヤーに調理を任せてしまう。凄く巧い。
こちらはキャラに感情移入している分、あーでもないこーでもないと様々なことを想像して話を膨らますので、ストーリーに尚一層引き込まれました。こういうテキスト演出も正直脱帽でした。



正直欠点らしい欠点も見当たらず、日常もストーリー展開もキャラも物凄くよく、おまけにエロも凄くよい…滅茶苦茶楽しめました
唯一欠点を挙げるならば、リアリズムが目立つ作品なのでインパクトの強いイベントがあまりないということでしょうか。ヴォリューム不足と言われるのも、その辺が関係しているのかもしれませんね。
個人的にはミドルプライスなら正直十分だと思いましたけど、強い満足感が残ると言うよりジワジワッと来る心地よさと余韻が消えない感じ。
アメリカ的映画でなく、アジア的人情映画というと分かりやすくなるのかなぁ。

今年はこの作品に出会えたと言うだけで大満足ですね!


点数は100点付けさせていただきます。

こういう作品があるからエロゲは止められないんだよなぁ。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:18禁・美少女ゲーム - ジャンル:アダルト

  1. 2001/06/28(木) 20:32:48|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wancostick.blog11.fc2.com/tb.php/40-8965f3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。