FC2ブログ

イヌと呼ばないでっ!

軟弱者のわんこスティックが贈るエロゲ&漫画を主とした雑談場。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふぇいばりっとSWEET!レビュー

ふぇいばりっとSWEET!レビュー

10年前に発売されたゲームです…「あぁ、納得」

ふぇいばりっとSweet!ふぇいばりっとSweet!
(2010/08/27)
Windows

商品詳細を見る


というわけで、ひそかに買っていた『ふぇいばりっとSWEET!』。


某批評空間ではデータ数が6しかなく、その内容も『地雷』・『超短い』・『CGのクオリティが低すぎる』・『一本道』・『キャラの説明だけで終わる』・『インストール容量が500MB以下』等という、最近のゲームではにわかには信じがたいデータが出ています。10年前なら比較的にあったでしょうけど…

何より不思議なのは、意外に面白い…という評価と、クズ、ゴミ、地雷と散々な評価が見受けられること。もしかすると短いだけで、内容は面白いんじゃないの?それなのにやらないなんて勿体無い!ということで、買ってきました。

元々注目作で、応援もしていましたし、シナリオ鷹取兵馬さんですからやらない手はないですよ~。
アトリの日常シーンは滅茶苦茶楽しめましたし、今回はそんな日常をメインとしたようなお話。ならば否が応にも気になってしまうわけで…


さて、プレイした結果ですが…信じがたかった情報はすべて本当でした。

インストールしたデータ容量は468MBでした。フォルダを見たとき、『あれ?一桁足りないよ!?』と目を疑いましたが、間違いなく468MB。ぶっちゃけ、DVDである理由が分かりません…これならCDでいいじゃん!

CG枚数も50枚程度、立ち絵や背景に毛が生えた程度のお粗末なものです。その質は公式HPで見てください。比較的ましなものが閲覧できます。

フォルダの容量が少ないということは収録されているボイスは当然少ない、となるとキャラのしゃべる量が少ないイコールシナリオが短い。QED.【証明完了】・・・容易に予想できることです。

因みにシナリオはひとつしかありません。一本道でなくて、全キャラ共通のシナリオしか用意されてません。
選択肢は基本5つ、5人のヒロインから迫られますので、それを受け入れるか受け入れないかのみ。その選択肢によって、5分ほどのEDとエッチシーンが各キャラ交換されるだけです。なのでどのキャラのルートもスキップを使えば2回目からは読むところが10分ありません。
他にも選択肢があるのは、エッチシーンのみ。「アナルにいれるか、フツーに入れるか」の選択肢が全キャラに配備されているという全く嬉しくないこだわりっぷり。

また、その共通シナリオが長いとまだいいのですが、これが3~4時間で終わってしまうので困り物。ホント超短かったです。確かにキャラの生い立ちと説明、そして少しの絡みがある程度で、内容的な厚さはほぼないですね。

話もワープするがごとく、ポンポン・ポンポン進んでいきます。

会社が倒産した→ケーキ屋を始めようと決意→8ヵ月後ケーキ屋できたよ→腕利きのパティシエ来たよ!→オープンだよ→人募集するよ→ヒロイン5人全員集まったよ!→ドタバタドタバタ…

実際これぐらいの飛びっぷりで話は展開します。いや、マジで。シナリオを要約しているというより、こんな感じでシナリオが進むのです。ヒロイン五人のドタバタが始まるまで30分ぐらいでしたね。あまりの展開の速さにポカーンとするのを通り越して笑いがこぼれてきました。これはないだろう…wwwwみたいな。無駄な説明どころか必要な説明も飛ばしているぐらい、ぶっ飛んでいます。


上記のように最近のゲームには見られない容量の少なさとクォリティの低さなのですが…面白くないかというと不思議と結構楽しめる。全然悪くないんですよ!
ダラダラとテンプレキャラのお決まりご都合主義ストーリーより、キャラは立ってますし、ばら撒いた伏線もしっかりと回収しています。起承転結も結構しっかりしていて、最初のシーンはここにつながるのか…とちょっと感心したりもしますね。超短いけれども、後味は凄く良いですし、最後にはブルっと体が震えるぐらい悪くないんです。

鷹取さんのシナリオが好きならプレイしても、非常にらしさが出ていて悪くない(しつこい


パティシエのかりなが「女の子を見ると奴隷にしたくなる女王様」で「数々の店で色恋沙汰ですべて問題を起こして、潰しかけてきたトラブルメーカー」、なおかつ「男嫌い」、だけど「ケーキの腕は超一流」…のようにキャラメイクは非常に巧みで、他のゲームには中々見られないオリジナリティに溢れています。流行を追い求めず、ライターさんの持ち味を存分に発揮しています。

キャラにはご主人様と奴隷…の主従関係が基本的にどのキャラにも構築されており、メインテーマは「ケーキ」でなく「主従関係」。エロもほぼSM系です。これはホント予想外でした。縛ったり三角木馬だったり。その主従関係に絡めて、イジリイジラレのコミュニケーションは見ててホント楽しませてもらえました!ただ一つ一つの絡みが短すぎるのは気になりますけど…

そして最後には主人公とヒロインの問題を収束させ、テーマをまとめていくところはGOODでしたね~。不覚にも感動してしまいました。

プレイし終わった後のイメージは「ケーキ屋殺人事件!超一流パティシエの悲しき本音、主・奴隷の人間関係に隠された過去が今暴かれる・・・SMもあるよ」みたいな、不出来ながらも楽しめてしまうB級2時間サスペンスを見たような感じ


【総評】

50点

最近の無駄に冗長なシナリオを読むぐらいなら、必要すらも省いた短編シナリオの方がいい、と思えるかどうか。
クオリティ的には10年前なら標準ぐらいのレベル。いや、エロゲーって地雷の宝庫ながらもキラリと光るものがあるよな…という懐かしさを感じるました。

懐古主義な方は、このゲームをプレイしてあぁ昔はこんなゲームばかりだった、いい時代だったなぁ。と思うえるのではないでしょうか。私は改めて昔を美化していたことに戦慄を覚えましたが…いい時代になったなぁ。

フルプライスならせめて、このボリュームのシナリオをオムニバス形式でいいので、あと4つほど準備してほしかったところですね。ボリュームの少なさクオリティの低さは正直許せないレベルですが、ホント悪くない、きらりと光るものを持ってます。この作品、自分は結構好きです。

これが低価格ゲームなら褒めちぎれるんですけど…超良作として。2000円切ったらプレイしてみる価値はありますので、それぐらいの価格になったらお勧めはしておきます。

テーマ:18禁・美少女ゲーム - ジャンル:アダルト

  1. 2010/09/15(水) 06:44:51|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FUTA-ANEレビュー

【FUTA-ANE】

ご都合主義のエロス

FUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweetFUTA・ANE ~ふたあね~ bitter&sweet
(2010/04/30)
Windows

商品詳細を見る


bootUP!さんから出たこのゲーム。
ラブエロが素晴らしい…との噂を聞きつけて思わず購入しました。

また、なんといっても3Pが豊富にあるということなので・・・その上、ハプニングシーンが多いのですよね。雨に打たれてブラスケ、海に行くとなぜか外れちゃうビキニ、陸上ユニホームからのブラチラ。そして下着姿がバンバン出てくるという下着フェチに極上な一品であり、とどめにキャラはみんな巨乳&美乳ときてます。

多人数プレイを大好物とし、ハプニングシーンでの羞恥に命を懸け、下着フェチバンザーイと日々叫び、巨乳好きと豪語する私にとってこれほどのストライク作品はない!まさに妄想を具現化したかのような作品ですよ!こんなツボを突きまくった作品、めったにお目にかかれない!!

これはもう、エロの百の秘孔をついて、ゲーム終了時には「お前はもう死んでいる」…と精液搾り取られて「ひでぶっ!」となることは目に見えているかのよう。


…となるはずが、実際プレイしてみると「あ、あれ?こんなはずじゃあなかったのに…」とちょっと肩透かしを食らった感じです。結論から言ってしまうと、「抜けたけどゲームを楽しむことは出来なかった」というところでしょうか。


最大の欠点はシナリオ。このゲーム、萌えゲーとシナリオゲーと抜きゲーをミックスしたような作品に仕上げているのですが…まずキャラが全く立ってない、どこぞから借りてきたキャラですか?と言いたくなるほど。

姉二人は弟である主人公が彼女を作ってもただただ見守り、姉の方を振り向けば「私たちも好きだったのよ」とセックスさせる。この彼女たちの物分りのよさが全く理解できません。

二人は超がつくほど美人で、多くの男に言い寄られても「弟である主人公が好きだから…」という理由で、20数年誰とも付き合っていないほど恋愛対象として弟を溺愛しています。それなのに主人公に彼女が出来ても、あからさまにやきもちを焼いたり、積極的にアプローチしたりしない。ただただ弟が好きなら応援しようと言うのみ。

弟を愛する禁忌を犯してはならない、諦めなければいけない恋…にしても諦めが早すぎませんか?
そこまで好きなら、感情を爆発させて既成事実を作りに行くぐらいの行動を見せてほしかったです。

そこまでは許せるとしても、その後彼女を振って弟が自分たちを好きだと言ったら、「私たちも好きだった。今まで彼氏を作らなかったのはあなたが好きだったから、でも姉弟では許されなかったから言えなかった…」でセックスしちゃう。

諦めなければいけない恋だと思っていたなら、主人公に告白されても受けてはならないでしょう。
そこは潔く引くか、もっと葛藤しなければならないはず…、そうでないなら主人が取られたときにもっとアクション起こせと言いたかったですよ。

そして、主人公の「姉二人とも恋愛対象として大好きなんだ!・・・とてもどちらかに決められないよ」なんて言葉すらも受け入れてしまう。何それ?どうしたらそんな提案受け入れられる天使になれるのですか?天使との恋を見たいんじゃない。私は欲望渦巻く人間の恋愛ドラマが見たいのです。

また、「恋愛の形、幸せの形は一人一人違うものよ。私たちは私たちでいいじゃない」…と妙に悟ったことを姉は言い始めるのですが、そんな一言で近親相姦肯定しちゃっていいの?そこまで拡大したら、虐待やDVも愛の形のひとつで収まっちゃうよ!



そして振られた彼女も彼女で、恋愛関係で姉に負けたというならもっと激しく怒り狂うべきと思いましたね。「そんなのおかしいよ!何言ってるの…!?お姉さんなんだよ、実の姉弟なんだよ!!」と主人公を罵ってほしかった。それが「知ってたんだぁ…」じゃないですよ!本気で好きだったのか!とムカムカしました。キスしてセックスしようとした間柄なのになぜそんなにあっさり諦められるの?

そして挙句の果てに「彼女じゃなくても友達でいようよ」「私は主人公のことまだ好きなんだよ」…と一向に主人公が嫌われる気配もない。ここまで来ると主人公の作り出した妄想世界の出来事じゃないかと疑いたくもなります。


その上、周りの人間も近親相姦を肯定しすぎ!友人もだれ一人反対する人がいない。何考えてるの?
お前ならそうすると思っていた、個人の自由だ、恋愛の形は人それぞれだ…って「えっ?」ここまで来ると空いた口がふさがりませんよ。誰からも祝福されない禁忌を犯している!って咎めるのが友情でしょう。これほど主人公にとって都合のいい世界は許せない。



主人公も主人公で酷い。
心優しい頼りになる男として描かれていますけど、全くもって残酷なことばかりしています。
ただただ欲望に流され、何も決断せずにいるのに思いっきり正当化されてますからね。ふらふらと他人の好意に守られて、甘えて、ぶっちゃけ何でこの男がモテるのか、訳分かりません。

その上、「俺は正しいことをしているんだ…!」という主張がテキストの中に見え隠れするので始末が悪い。
彼女を振ったときも「これ以上自分の気持ちにうそをついて付き合っていると、もっと彼女を傷つけることになるから…」、姉と交配するときも「新しい家族の形を作りたいんだ…」なんて変でしょう。おかしいでしょう。素直に「俺は最低なことをした、けど自分の気持ちにうそはつけない」とか「姉に中出ししたい」って言えばいいのに。偽善の大義名分なんていらないやい!


最悪な主人公がヒロインから自動的に愛されて、世界も主人公の都合の良いように作られている・・・ご都合主義で最も嫌いな形です。

これがまだ完全な抜き特化で、そういう設定をありえないだろ!って笑い飛ばせるようなファンタジーやコメディの設定ならそこまで気にしないのですが、「FUTA-ANE」はドラマとしてシナリオを見せているんです。そうなると、いやでも気になってしまうわけで…


ただ、救いとしてはエロは凄くいいです。
おかずに使うなら相当使えます。自分はここまで使えた作品って年2,3本あるかないかではないかと思いますね。尺は長いですし、前戯もセックス後のピロートークも毎回付いています。CGの差分も多く、テキスト、CG共に非常に気合の入ったいいエロです。抜きまくりでした。シーンの数も相当あります。これは凄い。

しかしそれも難点がありまして、オーソドックスなセックスばかりで途中からがすごくマンネリ化してきます。キス→胸を揉む→股間をまさぐる→挿入・・・ほぼこの流れ。フェラとかパイ摺りとかほんの少ししかありません。大人のおもちゃを使うこともないですし。せっかくの巨乳設定ならもう少しシチュエーションに生かしても良かったのではないかと思いますねー。ただ少し贅沢かな?

バリエーションが少ないので、エロいけれども凄さを感じないのが残念至極。
ダブルパイ摺りフェラで5発ぐらい抜くとか、乳首コキとか、脚コキとか…そういう突き抜けたものがない。なので「次はどんなエロが見れるのかな?わくわく」よりも、「あぁまたこんなシーンか、確かに抜けるけどさぁ」とちょっと途中で飽きてしまいました。


【総評】

65点

シナリオはもう少し抑え目にして、抜きゲーに特化したほうが良かったかなぁと思います。
ご都合主義はご都合主義でかまいませんが、それならもっとご都合主義を前面に出してしまえばいいのではないかと。
あとはシチュエーションを増やしてほしいのと、もっと初々しいエッチから大胆なエッチへと覚醒していくような感じがほしかったかな。最初からエロさ全開なので。前戯、本番 後戯 ピロートークの流れは本当に素晴らしく、エロの尺も凄くよく、CG枚数も差分も多く…だからこそ、エロが非常に素晴らしいからこそ余りある欠点が目に付きすぎるのが残念。ちょっと詰め込みすぎてしまい、セールスポイントを突出させることが出来てない感じです。

個人的には凄く惜しい作品でしたね。

テーマ:18禁・美少女ゲーム - ジャンル:アダルト

  1. 2010/09/10(金) 09:24:13|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦女神VERITA、感想

暫くぶりです。ちょっとリアルがとんでもなく大変なことになっておりましてブログを更新する余裕がなかったです。

最近プレイしていたゲームはこちら。

戦女神VERITA戦女神VERITA
(2010/04/23)
Windows

商品詳細を見る


4月に発売以来ずっと欲しいなぁ…と思っていたのですがようやく念願かなって1ヶ月前ほどに入手した次第。
一応1周目は終了しています。因みに光ルートでした。

評判どおり40時間近くクリアーにかかり、かなりの睡眠時間と精神的余裕を持っていかれました。
VERITA怖いです。滅茶苦茶怖いです。息抜きに30分ほどプレイしようと思ったら、2時間経っていたり、8時間ほど経っていたり。ビックリです。おかげで今本当に大変なことになっています(ぉぃ

ここまで長いのに、長さを感じずにプレイしたソフトってランス6かfateぐらいじゃないかなー。ってぐらい激ハマリです。上手いのは正統派ファンタジーRPGでありながら、しっかりとエロRPGで抑えるべきところを抑えていること。

まず、ひとつのダンジョンをクリアーするとエロシーンひとつが入るように基本的になっているところに好感をもてます。エロを見たさに何としてもダンジョンを攻略してやるぞ!というファイトが沸いてきました。このご褒美的感覚って今のゲームじゃ珍しい気がします。

また仲間キャラが主人公以外女性ばかりというところも凄くよいですよね。主人公を中心にハーレムを形成する男のロマンが詰まってます。

しかし主人公がそのヒロインを差し置いて滅茶苦茶強く、頼りになるところは素敵です。あくまで中心がセリカやリウイであり、そこがブレない。女性キャラばかりのはずなのに主人公の存在感や強さが際立っているので、女性が多いことを忘れてしまうぐらい。全然軟弱さを感じない硬派な作品に仕上がっています。

そしてモンスターの捕獲要素も最初はいらないかなーと思いましたが、これまた物凄く燃える。めっちゃ燃える!
何としてもこの女モンスターを捕まえてエロシーン見たい!と夢中になってました。やっぱりRPGなら捕獲要素って燃えるし、面白いなと思いますね。

戦闘システム…よりも戦闘のバランスが滅茶苦茶上手です。レベルが低くても属性や戦略、育成の工夫次第では強い敵やボスを倒せるようになりますし、逆に倒せないと感じた時はちょっとレベル上げをすれば比較的簡単に倒せるようになります。このギリギリ感が戦女神シリーズはホント上手いですよ!これは凄い!


と、ここまでベタ褒めしましたが、勿論欠点もあります。自分が一番目に付いたのはシナリオ。

シリーズものですので前作をプレイしていないとシナリオを殆ど楽しめない…自分はZEROのみプレイしていたのですが、幻燐シリーズは未プレイでしたので正直ついていけないストーリーも多かったです。

戦女神、戦女神2をプレイした方なら尚更ストーリーがつながるところに感動されるのかもしれませんが、その辺が未プレイだと「えっ?なんで」とちょっと違和感。ストーリーを進めるのを楽しむシナリオでなく点と点を結ぶのを楽しむものだったように感じました。

RPGにシナリオまで求めるのは酷なのかもしれませんが、文量が結構あるだけに苦痛に感じることも多かったですね。そこを楽しめるようにためにVERITAの前のシナリオを公開されていたのかもしれませんが…流石に自分は読む気がしなかったでしたね。ゲーム性に加えて楽しめるシナリオをシナリオ単体で読みたいとはちょっと思いません。

ただこれは的外れかつ我儘な感想であるのは重々承知。VERITAを購入する前から戦女神ZEROと幻燐をクロスオーバーし、戦女神につながる作品であるのは公表されていましたし、メーカーさんとしてはわざわざその前のストーリーを無料公開するフォローの素晴らしさ。メーカーには何の落ち度もありません。

個人的な感想はエロRPGとしては物凄く楽しめたのですが、作品全体としてはシナリオが目に付いた、といったところでしょうか。もしシナリオも楽しみたい方は公開されている前作までのストーリーを読んでおけばおそらくここまで不満を感じることはないでしょう。

シナリオを抜いたエロRPGとしての面白さならば90点

前作を知らないでプレイした全体的な点数ならば70点、といったところですね。

テーマ:18禁・美少女ゲーム - ジャンル:アダルト

  1. 2001/08/10(金) 20:42:23|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リアル妹がいる大泉くんのばあい、感想

本当に残念なゲームです…(おるごぅるさん引退という意味でも

リアル妹がいる大泉くんのばあいリアル妹がいる大泉くんのばあい
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る


今回取り上げるゲームは引退の決まったライター『おるごぅる』さんが手がけた「リアル妹がいる大泉くんのばあい」

因みにこの作品を楽しみたいならば開発手記を是非読んでおきましょう。どういう目で大泉涼くんを見るとより残念に見えるか…、楽しみ方のガイドブックのような残念手記です。


簡単にあらすじを紹介しますと、エロゲーが大好きなお兄ちゃん「大泉涼」とその兄を蔑む妹「大泉栞」の兄妹愛を描いた作品。大泉兄妹はすれ違いも多く、あまり話もしない…というよくある少しさめた兄妹関係。
そこに突然ゲームの妹キャラ「麻衣」が現実に飛び出してきて、大泉涼くんの妹「大泉麻衣」になるところから涼と栞の関係が変わり始める…というのが大筋のお話。


ただ兄と妹は冷めた感じに最初描かれていますが、涼は「妹を守るのはお兄ちゃんの役目」と妹に対し過保護気味で、栞は「そんなにかまわないでよ、変態兄貴」とツンツンしていて距離を置いている状態。
つまり過保護の兄に突き放す妹…でも、栞は自分のことを愛しているお兄ちゃんがホントは大好きなんですよね。ただ色々あって素直になれないだけで。その兄妹の微妙な心理、その間を漂う空気、もどかしさの描き方がホントに絶妙で素晴らしかった…

弟妹って、兄はどれほど情けなくなってもいつまでも超えられない存在であるし、そうあって欲しいと望むものだと思うのですよ。何かあれば兄に頼ろうとする潜在的な思いはあるのですが、常に自分を上に見せたいって見栄を張る気持ちもなくならない。その二つの思いで揺れ動く微妙な心。

兄姉は弟妹はいつまでも自分が守らなきゃ、常に自分が上に立っていなきゃという思いと弟妹を一人前に認めようとする気持ちとやはりそんな複雑な思いが交錯している。

その兄妹の絶妙な心理と人間関係が凄く上手く表現してあって、思わず感情移入しきりでした。
涼はお兄ちゃんであり続けようとしますし、栞は栞で心でお兄ちゃんを心理的支えにしている。
兄妹関係の描き方のお手本を見せられたようでした。そんな大泉兄妹がどのように関係を変えていくかを楽しく見守るような作品。


ゲームの中から麻衣が出てきて妹になった後も、キチンと現実のお兄ちゃんと妹の関係を教えバーチャルの兄妹関係に走らなかったのは凄くよかった。麻衣は「好き好き大好き!お兄ちゃんは私のもの!」…のようなよくある妹であるのに対し、涼は「フツーの兄妹はそんなことしないんだよ」と冷静に家族として扱っているんですよね。
…ときたま、妹とお風呂入って「ぞうさーん!」なんて残念なこともやらかしますが。


でも展開が進んでも、麻衣はやっぱり妹になりきれないんですよね。
結局涼は麻衣のことを妹と見切れず「麻衣ちゃん」と呼ぶのが続きますし、栞との間に漂う見えない兄妹感の絆がどうしても見えてこない。

これがこの作品の一番いいところで、納得の出来ない展開へと無理やり繋げないのです。どんなに可愛い妹でも2週間、1ヶ月の絆と10数年の絆、そして血縁、妹としての歴史が違いすぎます…その差はどんなに頑張っても妹としては埋まりようの無いですよね。

涼は「麻衣のことは妹とは思えない、僕にとって妹は栞一人だ」と割かしハッキリと伝えてきますし、結局栞と男女関係に発展するのですが、それにもしっかりと納得できる理由を付けているんですよね。少なくとも自分は納得しました。

ゲームから麻衣が出てきたり神様が出てきたり、御都合主義的要素は絡めてあるのですが、展開や心理描写はヴァーチャルに逃げない、一貫して現実を突きつけるストーリー。というよりヴァーチャルの中で現実を生きているお話。リアリズムに満ち溢れた作品なんですね。

栞と男女の関係になった時にも、親友の彰からは「俺は二次元だから妹と男女関係は許されると思ってる、現実ではお兄ちゃんとして許されない」としっかりとその背徳性を伝えてきますし、涼も「俺たちの関係は誰にも祝福されない関係なんだ、それでもいいのか」と栞に確認します。

「自分は実妹との関係はゲームでも許されない」と思っている人間なのですが、この大泉兄妹に関しては認めてもいいかなと思いましたね。現実をしっかり認識した上で男女関係に発展したなら文句は言えません。


コミカルなキャラが多い割に、現実の厳しさや苦悩と真正面から向き合ったお話になってます。なので全体的に重い感じは否めないかな。
なので、何もかもうまくいってハッピーエンド!ではなく、「いろいろな障害はある、苦しいこともある、どうしようもならないこともある…でも俺たちは幸せです」のようなハッピーエンドになるのです。


そして、伏線やその後の展開を全て回収しきらずにゲームは終わりを迎えます。
ときたま重要な場面をもカットして後のモノローグで見せるなど、至るところでプレイヤーの想像力で話を補わせる場面があります。ある意味では丁寧さがないのかもしれませんが…これはおるごぅるさんのシナリオの見せ方なんだろうなぁ。
材料は全て用意して段取りも全てつけたところで、プレイヤーに調理を任せてしまう。凄く巧い。
こちらはキャラに感情移入している分、あーでもないこーでもないと様々なことを想像して話を膨らますので、ストーリーに尚一層引き込まれました。こういうテキスト演出も正直脱帽でした。



正直欠点らしい欠点も見当たらず、日常もストーリー展開もキャラも物凄くよく、おまけにエロも凄くよい…滅茶苦茶楽しめました
唯一欠点を挙げるならば、リアリズムが目立つ作品なのでインパクトの強いイベントがあまりないということでしょうか。ヴォリューム不足と言われるのも、その辺が関係しているのかもしれませんね。
個人的にはミドルプライスなら正直十分だと思いましたけど、強い満足感が残ると言うよりジワジワッと来る心地よさと余韻が消えない感じ。
アメリカ的映画でなく、アジア的人情映画というと分かりやすくなるのかなぁ。

今年はこの作品に出会えたと言うだけで大満足ですね!


点数は100点付けさせていただきます。

こういう作品があるからエロゲは止められないんだよなぁ。

テーマ:18禁・美少女ゲーム - ジャンル:アダルト

  1. 2001/06/28(木) 20:32:48|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素晴らしき日々 感想

素晴らしき日々、1ヶ月前ほどに終らせました。感想は書く暇がなかったんだぜ!
というわけで、遅くなり恐縮ですが感想行きますね。

素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版
(2010/03/26)
Windows

商品詳細を見る


全6章で構成されていますが、3章までが問題や伏線をばら蒔いて4章~6章で回収していくもの。

3章までが出題編、4章からが解答編というところでしょうか。訳の分からなかった電波なお話が少しずつ解けていく様子がすっごく良かったですね!正直フツーのエロシーンが見れなく、狂気じみた展開が続くのは面白いと感じながらも、主人公たちに共感できず苦しい思いも多かったのですが…4章からはその展開から、幸せな日常へと戻っていこうとする様がとても心地よく、力強かった。

言うならば、悲劇を何度も打ち破ろうとハッピーエンドへとする「ひぐらしのなく頃に」のよう。
絶望から希望への転換を勝ち取るところは、本当に素晴らしかったですね!

その上、世界観も独特で考察が好きな方には本当にいい作品。私は苦手なのですが、謎もいくつか残したままですのでプレイした方とワイワイと議論するには凄く良い!またヴィトゲンシュタインやユング、デカルト辺りの哲学思想をベースにしたシナリオなので、哲学的議論の種にももってこいです!重厚な思想を基に書いているので、薄っぺらでなく重い仕上がり。…逆を言えば、重すぎて厳しい方もいるかもしれませんね。


そして、心に染み入る名言もあります。

あるキャラがいなくなり、幽霊のような存在、またいついなくなってしまうか分からない存在として復活します。主人公はいつか消えてしまうことを憂いて、日々を過ごすようになるのですが…そのとあるキャラがふと「そんないつか消えてしまうことを考えていてもしょうがない、そんなことを考えず今を楽しもうよ」と言うんです。

これが凄い。フツーならそのキャラを最後に消して「お涙頂戴」という展開を書きたくなるのに、消え行く事を運命付けられたキャラが「そんな事を考えていてもしょうがない」ですよ。よく考えてみれば、人間は全ていつ消えてゆくか分からない存在。そういう意味では幽霊のようになった存在も、他のキャラも変わらないわけですよね。…これは作品全て通しての最終的なメッセージじゃないかな、と個人的には思いましたね。

フツーに考えればご都合主義。しかし、この「素晴らしき日々」では深いメッセージ性のある展開としか思えなかった…まぁ、このようなことに目がいっている人は結構少数派かもしれません。世界観や他に見所は山ほどありますしね。

そして、キャラもしっかりと立っています。
ここまでキャラが立っているからこそ、素晴らしき日々の展開はドラマ性を帯びてくる訳です。シナリオに関してはいうことはないです。流石すかぢさん。期待を全く裏切らずに最後まで突っ走ってくれました。ありがとう!本当にありがとう!

非常に重厚でとがった作品、萌えやラブストーリー、コメディのようなものを求める方には向きませんが、そういう作品ばかりプレイしてたまには毛色の違う作品をプレイしてもいいかなぁと思っている方には是非お勧めしたい作品ですね!

自分は85点を付けさせてもらいます!

テーマ:18禁・美少女ゲーム - ジャンル:アダルト

  1. 2001/06/04(月) 10:35:23|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。